サービングポットでオヤツほくほくジャガイモ

やっぱりジャガイモは袋買いだろ。今回も北海道のジャガイモが大量に、そして安く売っていた。

ジャガイモがたくさんあると、いろいろな料理に使える。泥付きだから、けっこう持つしね。

そして、小腹がすいたら、変なスナック菓子を食べるよりもサービングポットでジャガイモを蒸かすといい!

サービングポットでオヤツほくほくジャガイモ:材料

レシピ材料
  • ジャガイモ:適量
  • バター:適量

サービングポットでオヤツほくほくジャガイモ:作り方

ジャガイモを洗う。たわしで洗ってしまおう。きれいに泥を落とす。

目があったら、スプーンなどで取り除いておこう

上げ底・側をアルミホイルで作る

サービングポットで蒸かす場合、直接ジャガイモを置くと焦げてしまうので、上げ底を作ろう。

アルミホイルを棒状にして、簡易上げ底を作る。

こうすれば、ジャガイモの焦げ付きを防ぐことができる。

さらにアルミホイルをクシャクシャにして周りに設置をする。

このようにしてサービングポットの底面、側面から浮かし、ジャガイモの焦げ付き防止だ。

ほくほくジャガイモを蒸かす

サービングポットの蓋をして、とろ火にかける。

サービングポットお得意の無水料理だ。

とろ火で蒸かすこと約30分。蓋を開け串を指してみる。

中まですっと串が通ったら完了。さらにとる。

皮をむいてバターを添えよう。

マジほくほくのじゃがバターだ。表面がちょっと粉吹いて、いい感じでおいしそうでしょ。

バターの代わりにオリーブオイルをかけて塩コショウでもマジウマ。

マヨネーズでもOK!

ほくほくジャガイモは、いろいろなトッピングで楽しめるぜ!

スポンサードリンク