シーズニング

ダッチオーブンは買ってきてすぐに使えるわけではありません。

鉄の表面に油をなじませて皮膜を作り、焼きを入れて鍛えてあげる作業が必要なのです。これをシーズニングと呼びます。

ダッチオーブン

最初にこのシーズニングをすることによって、焦げにくく、錆びに強いダッチオーブンになり、お手入れも楽になります。

手間のかかる作業ですが、念入りにしておきましょう。

シーズニング手順

  • 出荷時にサビ止めのワックスが塗られていますので、まずはワックスを洗い流しましょう。鍋の内側と外側、 そしてフタもきれいにスポンジかタオルを使い、水かお湯で洗い流します。
  • この時、洗剤は使わないで下さい。 洗い終わったらタオル等で水分を拭き取り、乾かします。
  • フタの表裏にクッキングペーパーなどを使ってオリーブオイルを薄く塗り、火にかけます。
  • 弱火でじっくりと熱するのがコツです。煙が出なくなるまで熱したら、油を拭き取ります。これを2~3回繰り返してください。
  • 終わりましたら、自然に冷まします。この時、風があたったり、水がかかったりしないよう注意して下さい。
  • 鍋の本体もフタと同様です。全体にオリーブオイルを薄く塗り、火にかける作業を2~3回繰り返して下さい。 1ヶ所に集中せず、鍋を回しながら全体を焼くようにしましょう。
  • 鍋を冷ましたら、鉄のにおいを取るために、ねぎやしょうがなどの香りの強い野菜を入れて炒めます。
  • 炒め終わったら、 野菜を捨て、古い油を拭き取ります。これも2~3回繰り返してください。
  • 最後に新しいオリーブオイルを塗り、なにも入れずに火にかけます。
  • 煙が出なくなるまで熱したら、 油を拭き取り自然に冷まして作業完了です。おつかれさまでした!

スポンサードリンク